ちょうどいいED薬のレビトラ|早く効いてバイアグラに並ぶ勃起力

世界で二番目に開発のED治療薬レビトラ。

レビトラと言う治療薬、CMや広告インターネットなどで名前を聞いたことがあるという方も少なくないと思われます。
販売当時は頻繁にCMなどが流れており、宣伝が大きくされていました。
ED治療薬という分類になるのですが、EDとなるとあまり理解されていないという方が多いかもしれません。
所謂男性の病気になるのですが、性行為の時に男性性器が元気になれないせいで、満足なセックスができない事を指します。
原因は様々なのですが、根本的な問題としてPDE5と言う酵素が原因とされています。
レビトラは別名PDE5阻害薬とも呼ばれており、ED治療薬の3種類すべてこのカテゴリに含まれております。
PDE5阻害薬の中で一番最初に誕生したのはバイアグラです。
今までなかったED用の治療薬が開発されたのでその当時は男性にとって夢の薬となり大人気となりました。
バイアグラは現在でも大変人気でパイオニアと言う位置づけで今でも信頼されております。
レビトラはそんなバイアグラを改良したと言っても過言では無く、大きくカバーされております。
まず今あるED治療薬の中で一番即効性があると考えられています。
性行為の30分前から1時間前までに服用して下さいとなっているのですが、早い人だと服用後15分ほどで効果が感じられるという方もいらっしゃいます。
主成分である塩酸バルデナフィル水和物が水に溶けやすい性質を持っており、それにより効果が早く得られるという事です。
そして一番パワーもあると考えられており、他のPDE5阻害薬では元気になれなかったけど本剤を使用したら元気になったという方もいらっしゃいます。
もちろんすべてにいて勝っているわけでは無いので、自分の症状や求めいるものによっては他のPDE5阻害薬を選択します。
成分の量によっても異なるのですが、現在日本国内では塩酸バルデナフィル水和物の成分量が5mg、10mg、20mgが販売されております。
この成分の量によって強さや、効果の継続時間などが異なります。
初めて使用する場合は5mgから初めて徐々に量を増やしていきましょう。
もちろん、5mgでも十分に効果を得られるようであればそのまま5mgを使用しましょう。
もし、使用中に体に異変を感じたら、直ちに使用を中止し医師に相談して下さい。